稲荷台座修復

施工前

解体

施工中

完工

大谷石でセシウム吸着 汚染物質処理に有効

茨城大は21日、塀などに使われる「大谷石」に放射性セシウムが効率よく吸着することが分かったと発表した。東京電力福島第1原発事故で汚染された廃棄物の処理に活用できるとしている。  同大学は、大谷石の粉末をセシウムの水溶液に入れ、どのくらい吸着するか実験。その結果、セシウム1グラムを吸着させるには、粉末10グラムで間に合うことが分かった。セシウムは大谷石に含まれるゼオライト鉱物に吸着する。
産経MSNニュース2012.1.21記事引用


株式会社オオヤ